「くだらないやってみました系」から「話のネタになるお役立ち情報」までさきどりおとどけ!!

【今日のラピュタ飯】絶品家にある材料でかんたんラピュタパンをつくってみた

みなさんは「ジブリ飯」というものをご存じでしょうか?

「ジブリ飯」とは、その名のとおりスタジオジブリ作品に登場する料理の数々を再現するグルメジャンルです。
アニメやマンガに登場する料理を再現する、いわゆる「再現グルメ」の一種にあたります。

「魔女の宅急便」のおばあちゃんのパイから、「千と千尋の神隠し」で千尋の両親が食べていた謎の中華料理まで、ジブリ作品にはおいしそうな料理がたくさんでてきますよね!
今回はその中から「天空の城ラピュタ」に登場する通称「ラピュタパン」を作ってみました。

とろとろの卵がなんともたまらない、優雅な休日の朝にぴったりの一皿ですよ。
「天空の城ラピュタ」のラピュタパン登場シーンは?

引用元:どんぐり共和国そらのうえ店

1986年公開のジブリ映画「天空の城ラピュタ」は、空飛ぶ幻の国ラピュタを守るためにパイロットのパズーとシータ王女が奮闘する物語です。
テレビ放送などで観たことがある方も多いのではないでしょうか?

今回のテーマでもあるラピュタパンは、まだシータとパズーが出会って間もないころに登場します。
盗賊ドーラ一家におそわれた2人は、逃げ込んだ先で朝ごはんをつくります。

その朝ごはんは、食パンに目玉焼きを乗せた簡単なものでした。
しかし、画面のなかでとても美味しそうにパンをほおばる2人の姿を見て「食べてみたい!」と誰しも一度は思ったはず。
今回は、映画の中よりもっと美味しくアレンジした筆者オリジナルのラピュタパンレシピをご紹介しちゃいます!

ラピュタパンのつくりかた

まず始めに用意するもの

食パン・・・・・1枚
卵・・・・・・・1個
マヨネーズ・・・適量
黒コショウ・・・お好みで適量

食パンは4枚切り~5枚切りの厚めがオススメ!

表面はサクサクカリカリで、かつ、中はモチモチとしたふたつの食感が味わえますよ!

卵は調理開始前に冷蔵庫から取り出し、常温に戻しておくとよいでしょう。
黒コショウはあらびきタイプを使用します。

「そんなの家にないよ~!」
という方は塩コショウでもOK!

ラピュタパンのつくりかたその①:パンにマヨネーズをかけ、卵を割る

ここからはくわしい作り方をご紹介いたします!
まずは、生の食パンの上にマヨネーズをかけます。

こんな感じ。
この時気を付けたいのが「塗る」ではなくて「かける」であるということ。

マヨネーズは、卵がこぼれ落ちないようにするためにせき止める、ダムのような役割を持っていますので、しっかり厚さを持たせてくださいね!

パンの耳に沿ってある程度マヨネーズをかけることができたら、次はいよいよ卵を割ります!
パンの中央に、黄身の細胞を壊さないようにそっと卵を落とします。

そして、せっかく投入した卵がこぼれないよう、再度マヨネーズで卵との隙間を埋めていきます。

下準備はこれで完成です!

ラピュタパンのつくりかた その②:オーブンで焼く

オーブンに入れた時はこんな感じ。
ここから約5分間、オーブンのなかであたためていきます!
筆者の自宅では、ガスコンロの下にあるおさかな用のグリルを使って加熱しています。
皆さんのご自宅でも、トースターなどを使ってぜひ作ってみてくださいね!
~5分後~

あれ?
まだちょっと黄身がプルプルしてる。
焼きが足りなかった模様。

もう一度、次はもう3分追加で加熱します。

いい感じ!!!!
黄身もしっかり固まっているし、なによりマヨネーズの焦げ感がたまらない。

こりゃぜってぇーにうめぇやつだァ!(CV:野沢雅子)

ラピュタパンのつくりかた その③:いざ実食!

お皿にもりつけ、黒コショウをふりかけます。
うん。うまそう。

どこかの川沿いにある、シャレオツなテラス付きカフェで出されてもいいくらいの高クオリティーなラピュタパンが爆誕致しました。

半熟たまごのとろ~り感をお伝えしたく、包丁で二等分してみることに。

なんじゃあこれは!!!!
インスタでいいね量産できるやつじゃあ!!

そんなこんなでひとくち食べてみると、濃厚な卵の味わいと焦げマヨネーズのこうばしい香りが脳みそを満たしていきます。

パンの表面のサクサクとした食感もあいまって、もはやこの世のものではない何かを食べている気分になれます。

まとめ

今回は、ジブリ映画「天空の城ラピュタ」に登場するジブリ飯・ラピュタパンのレシピをご紹介いたしました!

ラピュタパンは、数多くあるジブリ飯のなかでも比較的簡単に作れるメニューです。
ご家庭にある食材で、ぜひ作ってみてくださいね!

合わせて読みたい

こんにちは! 毎日うだるような暑さで、すでに夏バテ気味なえびまよです。 突然ですが、皆さん桃は好きですか? 私は好きです。 暑~い夏に食べる桃の甘さは毎年の楽しみのひとつです! 特に岡山の親戚から送られてくるお中元の桃はと[…]

合わせて読みたい

ついついアッサリした食べものを選びがちな季節ですが、たまにはがっつりお肉を食べたくなりませんか? 涼しい部屋で、ビールやワインと一緒にお肉を食べるのは至福の時ですよね。 まだまだBBQレジャーが楽しめる季節でもあります。 お肉[…]