「くだらないやってみました系」から「話のネタになるお役立ち情報」までさきどりおとどけ!!

【セブンイレブン】セブンの金のシリーズで筆者が感動した商品6選

昨今のコンビニグルメの進化は凄まじいものがあり、コンビニのレベルをゆうに越したものが数多く世に送り出されています。

 

それは、コンビニチェーン最大手のセブンイレブンも例外ではありません。

街から喫茶店を消したとさえ言われるセブンカフェや有名店とコラボした冷凍食品など、クオリティーの高さにおいてセブンイレブンはコンビニグルメの頂点に立ちつづけています。

 

今回ご紹介するのは、セブンイレブンが発売しているプライベートブランド、「金の○○」シリーズです。

 

金のシリーズはほかのプライベートブランドとは異なり、高価格帯で高級志向なのが特徴。

その分、どえらい美味しさの商品が勢ぞろいなんです。

 

今回は、筆者が実際に食べて美味しかったと思った金のシリーズ商品5点をご紹介します。

ご飯を炊く準備をしながら読んでみてください。

金のビーフシチュー /¥388(税込)

引用元:公式サイト

 

まずご紹介するのはこちら。

金のビーフシチューです。

 

このビーフシチュー、セブンではおなじみアンガス種の牛肉を使っています。

さらには、香味野菜や牛骨などをじっくり煮込んだソースをふんだんに味付けとして使うという贅沢さ。

 

具はジャガイモと牛肉だけというシンプルさもあいまって、ソースの奥深い味わいがダイレクトに堪能できます。

 

ご飯といっしょに食べたらあら不思議、気分は一気にフランスの高級レストランです。

ブラピの幻覚を見た人がいるとかいないとか。

金の直火焼ハンバーグ /¥388(税込)

引用元:公式サイト

 

つづいてご紹介するのは、金の直火焼ハンバーグ。

金のシリーズでは、筆者いちばんのお気に入り商品です。

 

ハンバーグは肉粒感がある風味に仕上げており、生地がソースとよく絡みます。

 

特製のソースはデミグラスをベースに、フォンドボー、ブイヨン、鶏だしスープを独自の調合でブレンドしているそう。

さらにソースの中に砕いた黒トリュフを加えることによって、より香ばしい風味が完成されています。

 

ホテルやレストランなどでしか食べることのできなかった本格的ハンバーグを、家庭の電子レンジで再現できるようにしたセブンイレブンさんには頭が下がります。

金のビーフカレー /¥388(税込)

引用元:公式サイト

 

3つ目にご紹介するのは、アンガス種の黒毛牛肉をジューシーに煮込んだビーフカレー。

 

「アンガス種のカレーならお弁当にもあるやん!」

そう思ったあなた、この金のビーフカレーを舐めちゃあきまへんぞ。

 

400円弱で、ほろっほろに煮込まれたジャガイモやにんじんはもちろんのこと、マッシュルームまで入っているアンガス牛カレーが味わえるんです。

しかも、牛肉は溶けてなくなっているわけでもなく、しっかりとその姿を皿の上に残しています。

 

もうすこしスパイスを効かせてピリッと締まった味になったら、辛党の筆者としてはうれしいところなんですけどね……(笑)

 

もっちり食感 金の食パン 厚切り4枚入 /¥297(税込)

引用元:公式サイト

つづいてご紹介するのはこちら。

金の食パンです。

 

トーストせずに食べても美味しいもっちり食感は、高級食パン「乃がみ」を彷彿とさせます。

 

筆者は生とトースト両方で食べてみましたが、どちらも美味しい!

無塩バターを少し溶かして一緒に食べると、食パン本来の風味がより感じられるためおすすめです。

 

金の食パンの美味しさのヒミツは、北海道産生クリームとフランス産発酵バター。

セブンイレブン独自の製法で、パン生地に水分をたっぷり含んでいるそう。

やわらかくて、しっとりもっちりとした食感を体験できます!

金のミルクアイス /¥213(税込)

引用元:公式サイト

最後にご紹介するのはこちら。

金のシリーズ唯一のカップアイスでもある、金のミルクアイスです。

 

ミルク本来の美味しさと、なめらかな食感が味わえる金のミルクアイスは、アイス好きの方にぜひ食べていただきたい一品!

ファミリーマートの「たべる牧場ミルク」や森永乳業の「MOW」など、ミルク感を前面に出した本格アイスは近年のトレンドです。

 

しかし、この金のミルクアイスの美味しさは、他のアイスとは一線を画す別次元!

北海道産牛乳や生クリームなど厳選した素材を使って、フレッシュでコクのある味わいに仕上げたんだそうです。

 

一口食べれば北海道の広大な牧場が瞼に浮かび、牛の鳴き声が聞こえ、あたたかな太陽の光を感じることができるでしょう。