「くだらないやってみました系」から「話のネタになるお役立ち情報」までさきどりおとどけ!!

【消費税8%】スシローでお持ち帰りしてみたら店に行く理由がなくなった

クリスマスににぎり寿司を食べたくなるのって何でなんですかね。

ケーキと寿司って合わなくない?

いつもはこんな感じでやさぐれている筆者ですが、今年は世の流れに抗わず、クリスマスににぎり寿司を食べるという行動をとってみました。

 

今回は、筆者の寂しいクリスマス2019~寿司編~を、備忘録をかねて記事にしていきます。

 

選ばれたのはスシローでした

 

ここで重要になるのが、「どこの寿司を食べるか問題」。

さすがにスーパーのパック寿司だと寂しさマックスのあまりダークサイドに堕ちてしまいそうだったので、ささやかな抵抗心として回転寿司を選ぶことにしました。

 

回転寿司といえば、スシローは名実ともに全国チェーンのなかではいちばんの実力です。

か〇ぱやくら〇司などもありますが、やっぱりここはスシローに軍配があがります。

 

当初、筆者はスシローの店舗に直接行くことを考えたのですが、いかんせん待てない性格なので(地元のスシローは数十分待ちがデフォ)、お持ち帰りという未知の領域に踏み込んでみました。

 

とりあえずこれがあれば大丈夫!定番にぎりセット(¥1,260/税抜)

デデン。

 

そんなこんなで買ってみました。

私をふくめ4人家族なので、今回はいちばんオーソドックスであろう定番にぎりセットを購入。

値段は24貫入りで1260円。スシローの店舗レートを考慮すると、なかなか良心的です。

 

ネタの種類は全部で8つです。

 

まぐろ赤身

はまち

たこ

あなご

サーモン

たまご

いか

 

某「帰〇ま10」のランキングでも上位を独占しているような、老若男女が好きな定番メニューが揃っています。

スシロー、わかってるやん。

 

さらに、24貫というボリュームも、家族4人で食べても十分すぎる量でした。

うちの家族が小食すぎるだけかもですが……。

 

もちろん単品注文もできる

期間限定やサイドメニューなど常に100メニュー以上を網羅するスシローさま、さすがに単品注文も承っておられました。

 

今回は、びんとろ、いかめかぶ、漬け真鯛、特ネタ大トロなどなどを注文。

(クリスマスに便乗して、いつもは頼めない300円の大トロをちゃっかり紛れさせたのはここだけの話です。)

 

さすがはスシロー様。

いつも店舗で食べている味ですッ…!!

 

注文皿到着のアナウンスが空耳で聞こえそうなレベルで、もはや我が家の食卓はスシローと化していました。

 

スシローに欠かせない醤油・わさび・ガリもついてる

 

地味に欠かせない醤油とわさび、ガリ。

この「にぎり寿司三種の神器」も、スシローのお持ち帰り寿司にはついていました。

 

わさびに至っては寿司と一緒にレーンで回されているあのパッケージと対面できて、ちょっと感動。

「おまえとこんなところで遭うなんてな……」と脳内の津田健次郎が呟いてました(大嘘)。

 

でも、醤油が少なすぎる!!!!!

 

家族4人の小皿にしっかり注げる量の醤油はもらえないので、もれなく我が家のキッコーマンとブレンドさせる羽目になります。残念。

 

いざ実食!

いざ実食です。

 

ネタの傷み防止のためか、シャリはちょっぴり塩分が多めの味付けになっているような気がしました。

でも、明らかにおかしい!とわかるほどではなく、2、3貫と食べ進めて「あれ?なんかお店よりしょっぱくない?」と違和感を感じるレベル。

 

要するに普通に美味しいです。

 

あ、あとは、ちょっとだけお店よりシャリが大きかったかな……?

これは実際に比較したわけではないので、分からないです。

 

しかし、このままでは、わざわざスシローのお店に行く理由がなくなってしまいそうですね。

 

「その時食べたい気分のものがすぐに食べられない」という不便はもちろんあります。

しかし、それを除けばお店に行って食べる必要がまったくなくなってしまうクオリティです……。

 

お持ち帰り界隈のスシロー、見くびってましたわ。

 

結論

はい、結論です。

 

スシローはお持ち帰りでも十分うまい。

もうこの一言に尽きます。

 

さらに、これは購入してレシートを見てから気づいたのですが、お持ち帰りだと消費税が8%になるんです!!!

 

合法的な節税にもなるし、お店で同じ皿数食べるよりも安い値段で食べられる。

これってすごくないですか??????

 

お店より安い値段で、お店と変わらないクオリティーの商品を出されたら、もうお手上げです。

スシロー流の、「スタッフの負荷をなるべく最小限にする」ためのやり方なのでしょうか?

 

皆様も、スシローのお寿司を食べる際には、お持ち帰りもしてみてくださいね。